毛穴ケア

毛穴ケアで黒ずみ・汚れを解消!毛穴の引き締め

Tゾーンに毛穴汚れが溜まる

読了までの目安時間:約 2分
毛穴ケア毛穴が目立つ肌は、見た目の年齢を引き上げてしまいます。この逆を言うならば、正しい毛穴のケアが若々しい肌をつくるのです。

毛穴にとって重要なことは、汚れを落とすこと、毛穴を引き締めること、潤いを保つこと、規則正しい生活で栄養を与えることです。そして地道なケアを毎日継続することが、美しい肌への近道です。
スポンサードリンク

Tゾーンは、特に皮脂が分泌しやすく脂がたまりべたつきやすい部分で、顔の額と鼻筋のT字型の部分です。
皮脂は、乾燥から肌を守り、保湿をするという重要なはたらきをします。
しかしその量が過剰になると、毛穴が広がって汚れが入り込んで黒ずみやすくなります。また、空気中に浮遊しているチリやホコリなどの汚れが付きやすくなり、ニキビもできやすくなります。


Tゾーンでは、皮脂腺が多く分布しているため、皮脂が過剰に分泌してしまう傾向にあります。皮脂が多いためにメイクが崩れやすい部分でもあります。メイクが皮脂により浮いてきてしまうのです。
洗顔をするときは、このTゾーンを重点的に洗うとよいでしょう。
蒸気などで顔の毛穴を開かせ、きめ細かい泡をたっぷり作ったら、まずTゾーンに泡をのせて洗顔を始めます。
凹凸がある部分も丁寧に、指の腹で、軽く細かいタッチで洗顔しましょう。決して強くこすったりしてはいけません。
すすぎは人肌以下のぬるま湯で十分に、すすぎ残しがないようにします。
すすぎ残しが原因でニキビができてしまうこともあるのです。
すすぎの後は水を使ってパッティングをします。パッティングにより毛穴を引き締めることができます。
洗顔が重要だからと言って、むやみに回数を多くすればいいというものではありません。皮脂を過剰に奪ってしまうと、皮膚には保護バリアがなくなってしまうため、より多くの皮脂を分泌しようとします。
ですから、洗顔は1日2?3回にし、洗顔後の保湿を十分にしましょう。
生活習慣と皮脂は強い関係があります。油分や糖分の多い食事やストレス、ホルモンバランスの崩れなどから、皮脂は余分に分泌されてしまいます。

 

タグ :    

要注意ゾーンの肌ケア

この記事に関連する記事一覧