毛穴ケア

毛穴ケアで黒ずみ・汚れを解消!毛穴の引き締め

毛穴に良い食事

読了までの目安時間:約 2分
毛穴ケア毛穴が目立つ肌は、見た目の年齢を引き上げてしまいます。この逆を言うならば、正しい毛穴のケアが若々しい肌をつくるのです。

毛穴にとって重要なことは、汚れを落とすこと、毛穴を引き締めること、潤いを保つこと、規則正しい生活で栄養を与えることです。そして地道なケアを毎日継続することが、美しい肌への近道です。
スポンサードリンク

毛穴をケアするうえで、食物から摂取する栄養分は非常に重要です。
特にビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCは肌と毛穴にとって欠かせないものだと言えます。


弾力のある肌は、毛穴を目立たなくします。そして肌に弾力を与えているのがコラーゲンです。コラーゲンは肌に弾力と潤いを与え、たるみなど肌の老化現象にも効果があります。コラーゲンはタンパク質とビタミンC、鉄分を材料にして作られるといわれています。
ビタミンCはシミ、そばかすを防止する役割を持っています。それはビタミンCが紫外線に対して防止効果を持っているからです。
日焼けやシミ、そばかすの原因がメラニンであることは広く知られています。もともとメラニンは無色ですが、体内に入り込んだ紫外線を吸収すると黒色になります。ビタミンCは黒色になったメラニンをもとの無色の状態に戻す役割を持っています。
逆に、脂質が多いものや糖類が多いものは皮脂の分泌を活発にしてしまうので過剰に摂取することは避けましょう。アルコールや刺激の強いものについても同様です。
皮膚は角質が集まってできていますので、美しい肌を作るには質のいい角質が必要なのです。質のいい角質に必要なのは内側からのケア、すなわち栄養と睡眠です。栄養のバランスには日ごろから気をつかいましょう。
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを含む代表的な食材を紹介します。これらの食物を積極的に摂取するよう心掛けましょう。
<ビタミンB2を多く含むもの>
牛、豚、鶏などのレバー、うなぎ、サバ、卵黄、納豆、アーモンド
<ビタミンB6を多く含むもの>
豚のもも肉、レバー、卵、鮭、いわし、豆腐、さつまいも、にんにく
<ビタミンCを多く含むもの>
イチゴ、柿、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、小松菜

 

タグ :    

内側からの肌ケア

この記事に関連する記事一覧